ZERO-CUBEゼロキューブの総額はこれだけかかる!


ZERO-CUBEゼロキューブの総額がいくらくらいに
なるか、気になるところですよね。


ゼロキューブは1000万円住宅と言われていて、
それだけ聞くと1000万円で住宅が建ってしまう
かのように感じますが、実際には1000万円では
家は全く建ちません。



ゼロキューブの1000万円というのは、基本のスタイルの
本体価格なので、この金額以外にも費用がかかります。


では、ゼロキューブは総額いったいいくらくらいに
なるのでしょうか。具体的な金額を目安として
あげました。


ゼロキューブの総額

本体価格:1000万円

付帯工事(現場管理費、地盤調査費、給排水工事等)
200〜250万円位

その他の工事(地盤改良、外構等)
100万円〜
※この工事は、地盤によっては全く異なってきますし、
求める外構によってはかなり費用に差が出ます。

登録費用
60万円前後

ローンなどの銀行に関する諸費用
50万円前後

その他火災保険、もしオプションで追加した場合は
その費用も必要。




総額:約1500万円


しかし、この総額はあくまで最低限です。
この金額よりかかる可能性もかなり高いです。
それに土地代も加わります。


家を建てるには、本体価格以外にも結構色々
かかりますね。

<参考>
ゼロキューブ 評判


ゼロキューブの総額はどれだけかかるかを把握
したうえで、検討に入ると1000万円という数字に
つられずに冷静に判断できると思います。
posted by 格安・ローコスト住宅メーカーの評判・口コミ at | ゼロキューブ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ZERO-CUBEゼロキューブ1000万円住宅の評判と口コミ


ZERO-CUBEゼロキューブ1000万円住宅の
評判と口コミ
について調べました。



ゼロキューブは、ベツダイホームという大分県本社の
ハウスメーカーが販売している商品名で、
1000万円〜建築できるというローコスト住宅です。



ベツダイホームは大分県の会社で、色々な商品を
販売しています。また特徴的なのが、シリーズによって
いくら、と明記している点
だと思います。
(もちろん、目安だったり最低価格を書いているので、
実際の金額とは異なってきます)


ただ、ゼロキューブに関しては全国に提携している
施工店を持っていて、大分県以外では提携施工店が
実際に工事を行います。
(大分県の一部地域は、提携施工店が施工)


では、ZERO-CUBEゼロキューブの評判と口コミはどうなっているでしょうか。



ZERO-CUBEゼロキューブ1000万円住宅の評判と口コミ


・値段の割りにデザインがすばらしい。
・決められたプランではあるが、導線などが考えられておりよい。

・1000万円では家が建たない。必ずそれ以上の費用がかかる。
・プランの変更などをすると、割高になりローコスト住宅にならない。



ZERO-CUBEゼロキューブの評判と口コミの総評


ローコスト住宅ながら、デザインが気に入って契約する人が多い。
また、プランも練られていて評判が良い。
大きすぎず、小さすぎずのプランなので実際に住みやすい。
ただし、1000万円で建築するのは難しい。付帯費用で最低200万円は
かかると思われる。
プランの変更も費用がかかる。



ZERO-CUBEゼロキューブはまだ、全国的にかなりメジャーではないので、
評判、口コミも実際に購入検討や購入した人の意見が多いようで
変に口コミが荒れているということはなかったです。
あとは、実際に施工現場が見られたら大きいと思いますが、
なかなかタイミングよくZERO-CUBEゼロキューブの住宅が
見れないことも難点のひとつかもしれません。


<検索ありがとうございます!>
ゼロキューブ 評判
ジョイフルホーム 評判
コグマホーム 評判
ローコスト住宅 評判
富士住建 評判
クレバリーホーム 坪単価



ZERO-CUBEゼロキューブ1000万円住宅の評判と口コミは、
大手ハウスメーカーと比べると実際に建てた人の物が多いです。
なので、比較的信用に足りると思われる評判・口コミが見られます。
posted by 格安・ローコスト住宅メーカーの評判・口コミ at | ゼロキューブ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ゼロキューブはどこまで間取り変更可能?


ゼロキューブ間取り変更することはできるのでしょうか。
また、どの程度変更可能で費用はどのくらいかかるのかは気になるところですよね。

ゼロキューブは間取り変更可能!しかし・・・



ゼロキューブは企画商品で、基本的に間取り変更はしない前提になっています。
可能だったとしても図面の反転くらいです。
しかし、ゼロキューブは間取り変更可能な場合もあります。
というのは、ゼロキューブはフランチャイズ店です。フランチャイズの工務店によっては、間取り変更を受け付けているところもあります。
フランチャイズ店によって対応が変わってくるようです。
しかし、間取り変更する場合は設計変更手数料として30〜40万円の別途費用が必要になります。


ゼロキューブは間取り変更はできるだけしない方がいい



ゼロキューブは評判や口コミでもよく言われていますが、動線がよく考えられていてとてもよい間取りです。
さらに、間取り集も比較的多いです。
基本のゼロキューブからスカイバルコニーやガレージ、また和室やウッドデッキに変更できる+BOXなど比較的間取り対応がされている商品です。
間取りを根本から変更してしまうと設計手数料もかかりますし、ローコストで建てられるというメリットが減少してしまいます。


ゼロキューブを間取り変更した方がいい場合



しかし、間取り変更をした方がいい場合もあります。
たとえば、基本の間取りプランをどう反転させてもきちんとおさまらない建設予定地では、間取り変更をしないといけなくなってしまいます。
特に変形地になると、広さはあるのに家が入らないということも出てくると思います。
そういう時は間取り変更した方がいい(というか、せざるを得ない)ということもあります。
ただ、そうなってくると実は一般的な注文住宅で建てた方が安くなる場合もありますから、そのあたりは兼ね合いになってくると思います。
posted by 格安・ローコスト住宅メーカーの評判・口コミ at | ゼロキューブ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ゼロキューブの内装仕様について


ゼロキューブ内装についてまとめました。
ゼロキューブの内装は賛否両論ありますが、実際にはどうなんでしょうか。

ゼロキューブの標準仕様の内装



ゼロキューブの標準仕様の内装ですが

床:天然木化粧のフローリング
建具・階段:ダイケン

です。色ですがホワイト、ミディアムブラウン、ブラックの3パターンです。
この内装ですが大手ハウスメーカーの標準仕様でも一部同じようなレベルの物を使用しています。
ゼロキューブだから内装が安っぽいという評判もありますが、同じようなものを使っているハウスメーカーは多いです。
色に関しても、大手ハウスメーカーだと他にもカラーバリエーションはありますが、ゼロキューブのイメージに合う色はこの3パターンになりますね。
なので3色に絞っているのだと思います。


ゼロキューブのオプション内装



ゼロキューブはオプションで内装の素材を変更することは可能です。
たとえば、フローリングを天然木化粧のものから無垢フローリングに変更などです。
しかし、無垢フローリングにすると建具の色選択に制限が出てくる可能性はあります。
また、壁の一部をエコカラットにするなどはよくおこなわれる内装の変更ですね。
エコカラットはINAXが販売している商品で、湿気を吸ったり吐きだしたりしてくれて結露防止にも使用されています。
そして何といってもデザインがいいのでアクセントウォールとして使用されることも多いです。
よくつかわれる場所はテレビを置く場所の壁面やトイレなどです。寝室に使われることもあります。


ゼロキューブの内装にどこまでオプションをつけるか



ゼロキューブはローコストのハウスメーカーなので、オプションを足していくとその価格メリットは少なくなります。
もちろん、ここは譲れないというポイントを決めてオプションを足していくことになります。
どうしても無垢フローリングは譲れないという場合は、もちろん迷わず選択しますが、色の変化をつけたいという程度であれば、内装にお金をかけるのではなく家具で変化をつける方法もあります。
そのあたりのバランスを見て予算を組み立てたいですね。
posted by 格安・ローコスト住宅メーカーの評判・口コミ at | ゼロキューブ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ゼロキューブで建てた人の評判と口コミ


ゼロキューブ建てた人の評判や口コミ、また注意点などをまとめました。
実際にゼロキューブで建てた人の意見は本当に参考になりますね。

ゼロキューブで建てた人の評判と口コミ



ゼロキューブの評判や口コミを見ていると、実際に建てる前の人や比較検討しただけの人の評判や口コミもたくさん混じっています。
それはそれで参考になるのですが、実際に建てた人の口コミをまとめてみました。

・とにかく使いやすい間取り。実際に暮らしてみてよりその間取りのすばらしさがわかった。
・吹き抜けがあるけれども、断熱性もよくて光熱費もそこまでかからない。
・2×4で構造が強いので、火災保険が安くなった。

・外壁のガルバリウムの施工をしっかりしてもらわないと、波打ったり音が鳴ったりする。
・軒がないので暮らしてみると少しの雨でも窓を開けていると室内に入ってくる。


ゼロキューブ評判と口コミのまとめ



ゼロキューブで建てた人の評判や口コミを見ていて感じたことですが、建てる前はオプションの費用についての評判や口コミが多いのですが、建てた後は間取りや構造についてが多いです。
また、火災保険などの費用については家を建てるときはそこまで重視しなかったりしますが、実際住み始めると気になってくる部分だと思います。
デザインが重視されている部分はあるので、その分不便さを感じる点もあるようですが、ゼロキューブで建てられている人は大体デザインにほれ込んでいる人が多いので、多少の不便さは我慢できるという口コミが多いです。


ゼロキューブで建てた人がおすすめするオプションとは?



実際にゼロキューブで建てた人がつけてよかったオプションについてです。
どうしても費用を抑えたい、でも基本プランだけだとちょっと・・・そういう時に、建てた人はどんなオプションをつけたのか、評判や口コミからまとめてみました。

・2Fトイレ
・+BOX、またはスカイバルコニー
・シーリングファン
・24時間全熱交換型換気システム[ECO-AIR(エコエアー)]

このあたりのオプションが人気でした。
2Fトイレは多くの方が言われていましたね。そして吹き抜けにはシーリングファンは必須だと思います。
posted by 格安・ローコスト住宅メーカーの評判・口コミ at | ゼロキューブ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする