ローコスト住宅を1000万円以下で建てるには


ローコスト住宅、それも1000万円以下で家を建てることは実際のところできるのでしょうか。
さらにできたとしても、満足のいく家が建てられるのでしょうか。
そこで、1000万円以下で家を建てた人は何をしたのか、調べてみました。

1000万円以下のローコスト住宅の注意点



1000万円以下となると、ローコスト住宅でも超ローコスト住宅と言われたりします。
広告でも1000万円以下の価格が表示されていたりするので、一見その価格で住宅が建ってしまうのかな?と思ってしまいますが、価格表示ほどいい加減なものはありません。
まず、そこに書かれている価格は本体価格なのか、それとも付帯費用なども含まれているのかをしっかり確認しないといけません。
よく安い坪単価が書かれているハウスメーカーがありますが、たいていはその金額では建ちません。
それと同じで1000万円以下の金額が書かれていても、実際にはその金額では建たないことも多いです。
金額にどこまで含まれているのかは最初に確認が必要です。

実際に1000万円以下の新築住宅は存在する!



数は少ないですが、1000万円以下のローコスト住宅は存在します。それも、諸経費込みです。
大抵は本体価格が700〜800万円台で表示されているローコスト住宅です。なぜなら、たいていは付帯費用や諸経費で+200万円は最低でもかかってくるからです。
なので、本体価格がこの価格帯で書かれている場合は、1000万円以下の住宅になる可能性がぐっとあがります。
このような住宅の商品を出しているのは、建売住宅を数多く手がけているハウスメーカーに多い傾向にあります。
理由としては、ローコスト住宅にできるある程度の規模があることが挙げられます。

ローコスト住宅では基本的にオプションはつけないこと



ローコスト住宅、特に1000万円以下の超ローコスト住宅ではオプションは全くつけない!という覚悟が必要です。
そう思っていても1,2つはどうしてもオプションを選んでしまいます。どうしても欲が出てしまいます。
でも、そうやってオプションや仕様変更をしていくことで確実に1000万円を超えてしまいます。
さらに、ローコスト住宅では大半がオプションでもうけを出すために価格設定を高めにしています。
1000万円以下で住宅を建てる!と決めたなら、オプションの誘惑にどれだけ勝つかがポイントとなります。
posted by 格安・ローコスト住宅メーカーの評判・口コミ at | 格安・ローコスト住宅の選び方はまずここをチェック! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ローコスト住宅とハウスメーカーの家徹底比較!


ローコスト住宅とハウスメーカーの家比較をしてみました。
基本的な違いを理解しておくことで、自分に合ったハウスメーカー選びができると思います。


ローコスト住宅とハウスメーカーの家の違い比較


・価格の差
これは当たり前すぎですが、本当に価格の差が大きいです。
ローコスト住宅とハウスメーカーの家の比較といえば、何と言っても価格の差にあります。
ハウスメーカーの約半分位の価格、もしくはもっと安い場合もあります。


・使用している設備、内装の仕様
これも、当たり前ですがやはりローコスト住宅では比較してみると、採用している仕様のレベルは低いことが多いです。また、よい仕様に変更、オプションをつけてしまうとローコスト住宅の価格メリットが下がりやすい傾向にあります。


・設計士、インテリアコーディネーターの有無
ハウスメーカーの価格が高い理由は、ずばり販促費(広告費)と人件費です。
大手ハウスメーカーでは基本的には設計士はもちろん、インテリアコーディネーターまで打ち合わせに参加します。しかし、ローコスト住宅だと設計士までもが出て来ないこともあります。
ただ、大手ハウスメーカーでも企画商品の一部では営業だけで設計の打ち合わせをしてしまう場合もあります。


・アフターメンテナンス、保証の充実度
ローコストハウスメーカーにも、アフターメンテナンスの部門はありますが、どうしても大手ハウスメーカーのアフターメンテナンスの充実度と比較すると劣ります。家はどうしても途中で不具合が出て来やすいものなので、アフターメンテナンスがしっかりしているかは、その後の住み心地を左右する部分でもあります。
また、保証内容も大手ハウスメーカーの方が充実度は高いです。



ローコスト住宅とハウスメーカーの家、あまり違いがない部分比較


・耐震性能
誤解を恐れずに書くと、耐震性能は大きくは変わってこないと私は思います。
もちろん、大手ハウスメーカーの耐震性能は素晴らしいと思います。ただ、ローコスト住宅の耐震性能も充分強度はあります。大手ハウスメーカーの企画商品、建売と注文住宅とでは基礎や柱の種類が違うことも多いです。実はローコスト住宅と大手ハウスメーカーの建売は強度の面で言うとたいして変わらないということがよくあります。


・シンプルな家のデザイン性
これは一概には言えないですが、ローコスト住宅だからデザイン性が悪い、とは限りません。例えば、ゼロキューブやカーサキューブなどはシンプルモダンなデザインが好きな方なら、結構満足がいくデザイン性なのではないかと思います。

<参考>
ZERO-CUBEゼロキューブ1000万円住宅の評判と口コミ
casacubeカーサキューブの評判と口コミ


ローコスト住宅とハウスメーカーの家の比較、他にも色々違いはあると思いますが大きくは上記のような違いによるものが多いです。ローコスト住宅だからといって、必ずしも大手ハウスメーカーよりすべてが劣るとは限らないことに注目です。
posted by 格安・ローコスト住宅メーカーの評判・口コミ at | 格安・ローコスト住宅の選び方はまずここをチェック! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

1000万円以下のローコスト住宅はこうしてできる


最近1000万円以下ローコスト住宅が続々発売されています。

1000万円以下は本当に大丈夫?


1000万円以下のローコスト住宅と言うと、たいてい30坪前後の比較的コンパクトな家です。
ちなみに、同じ程度の家で、大手のハウスメーカーですと、2500万円程度、一般の工務店では1500万円程度のものです。
建売住宅で、大手のパワービルダーが多く参入したことで、ローコスト住宅が実現できているのです。
大量発注、ローコストに徹底した結果、大手のパワービルダーによる1000万円以下の住宅ができるようになっています。
最も消費税アップを意識した部分も多いのですが、住宅供給の火付け役としての存在も大きかったようです。

ローコストで1000万円以下でできる


1000万円以下のローコスト住宅は、たいてい仕様が決まっている場合が多いです。
注文住宅ではなく、設備を大量発注することで、安く上げることに成功しています。
キッチン、水回りなどの設備の種類限定が功を奏したと言えます。
それで満足できるのなら、1000万円以下のローコスト住宅でも十分と言えるでしょう。
室の高さを求めるのなら、少し無理のあることです。
良い品質のものを出していないというよりは、贅沢なものはありませんが、最低限のものは揃えていますといったことです。
大手ハウスメーカーの半分以下の家、と考えれば、それも納得の範囲内です。

ローコスト住宅は工期も短い?


雑に作っているからではなく、工期が短いのは、人件費の削減からです。
難しい工事にしないために、人件費も安く工期を短期間にすることで、1000万円以下のローコスト住宅が出来上がるといったことです。
様々な条件を重ねることで、夢の1000万円以下のローコスト住宅になるといった感じです。
posted by 格安・ローコスト住宅メーカーの評判・口コミ at | 格安・ローコスト住宅の選び方はまずここをチェック! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ローコスト住宅の問題点はどう捉える


ローコスト住宅には、どうしても問題点があると思ってしまいます。
いわゆる、○○だから安いのだろうということです。

ローコスト住宅の問題点


ローコスト住宅で問題点を挙げるとしたら、耐久性にあるとされています。
外見では、大手ハウスメーカーと遜色が無いことが多いです。
内装においても、品質が高いとされています。
外見や内装が良ければ、安く見えないと思うところですが、残念ながら、内容まではお金をかけられないということでしょう。

ローコスト住宅のコスト


ローコスト住宅というのですから、コストを削減した住宅と言うことになります。
コストの中には、安い健在を使用することもありますが、人件費削減によって、施工面で不安が出ることも問題点とされています。
長く工期があれば良いというものではありませんが、一軒家を建てるということは、それなりに長くかかるということです。
人件費削減のために、工期は短いというのは、それだけ雑に作っていると思われる場合もあり、事実出来上がりが少し雑になっているケースも見受けられます。
こうしたことから、ローコスト住宅はダメと言う考え方はしないほうが良いでしょう。

ローコスト住宅の問題点を克服?


安い金額を見て、一軒家とは思えないローコスト住宅に関しては、こんなものなのか?と思うようにしましょう。
耐久性が無いということは、途中で何度も修正しなければならないということですが、その価値があるかどうの確認と住み潰そうと割り切ることで、問題点とはならないとされています。
20年も住めば元は取れると考えるのもローコスト住宅購入のきっかけになることでしょう。
大手ハウスメーカーの半分以下のローコスト住宅なら、それもありでしょう。
posted by 格安・ローコスト住宅メーカーの評判・口コミ at | 格安・ローコスト住宅の選び方はまずここをチェック! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ローコスト住宅だからできる平屋の格安住宅


ローコスト住宅の中でも平屋格安住宅として紹介されています。
建材も工事そのものも2階建てよりも少ないのですから、400万円の格安住宅も存在します。

プレハブではない格安住宅


400万円台の格安住宅は、平屋ですが完ぺきな家です。
大きさから行くと、プレハブより少し大きいくらいです。
今の日本の常識からいっても、400万円台の平屋の家というのは、超がつく格安住宅になります。
それは無いでしょう?という方もいらっしゃるとは思いますが、現に住まわれている方もいらっしゃいますので、決してプレハブではなく、きちんとした家です。

格安住宅ができるわけ


ローコスト住宅、格安住宅というのは、いかにコストを削減するかによります。
このコストの中には、大手ハウスメーカーで大々的にかける宣伝費も含まれています。
また、ローコスト住宅を作っているところは、大手とはいえない存在であることなどがいえます。
要するに、ローコスト住宅のメーカー、大手のハウスメーカーでは、それぞれの経営内容があり、社会での役割も違うということなのです。
今まで、ローコスト住宅はあまり存在しないことでしたが、格安住宅ができるということで、大手ハウスメーカーとは違う動きからメーカーが誕生し、格安住宅を供給していることになります。

平屋の格安住宅で十分満足


平屋といえば、小規模家族向けの住宅になります。
家にあまりお金をかけたくないという方、それでもマイホームは絶対にほしいなどの要望に対応できるローコスト住宅。
そんな方もきっと多かったでしょう。
いままでは、家は高いものだと諦めていたけれど、格安住宅、それが平屋だとしても建てられること自体良かったという方も少なくないはず。
特に首都圏においての夢のマイホームが実現できることは嬉しい事です。
posted by 格安・ローコスト住宅メーカーの評判・口コミ at | 格安・ローコスト住宅の選び方はまずここをチェック! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする